PROFILE

和田 剛治(わだ よしはる)

 

 

 福岡県久留米市出身。東京・福岡を拠点として活動を展開する。

桐朋学園大学音楽学部演奏学科並びに研究科を修める。戒重守、ジャン=ポール・セヴィア、故 山岡優子の各氏に師事。

 フランスのノルマンディーピアノ講習会、フランス・アジャクシオ国際音楽学院のマスタークラス等、海外に於いても研鑽を積む。 

 

 第6回ブルガリア「音楽と地球」国際コンクール第1位入賞をはじめ、日本ザイラー国際ピアノコンクール第4位、第1回横浜国際ピアノコンクールにて特別賞、第1回九州国際バッハ音楽コンクールにてグランプリ及び音の森グループ賞等、数々のコンクールで受賞する。 

 

 在学中に石橋文化ホール(久留米市)にてデビューリサイタル行い、以降、ブルガリアの首都ソフィアでの音楽祭「Arts for the Earth」に招かれてのソロリサイタル(おそらくブルガリアにおけるフランス現代作曲家デュティユーのピアノソナタの全楽章初演となり、リサイタルの模様はラジオ局によりレコーディングされる)、横浜美術館クラシックライブにての3年連続のソロリサイタル、20118月ブルガリア音楽家・舞踏家連盟の招聘により、ブルガリア首都ソフィアにて広島・長崎原爆追悼式典にてピアノ献奏・並びにソロリサイタル、9月石橋文化ホール(久留米市)、20127月フランスにて2度のソロリサイタルとジョイントコンサート(ドビュッシー生誕150周年記念)、2013年大阪にてデュティユー追悼ソロリサイタルを行うなど、各地にてソロ活動を行う。

 また佐賀の浪漫座では作曲家に焦点を当てたサロンコンサートシリーズ “Salon de Compositeur”の企画を立ち上げ開催している。その他にも、筑陽学園創立90周年や久留米市ガス事業開始100周年・久留米ガス()新社屋移転記念祝賀会等の式典にも招かれて記念演奏等も行う。 

 

 またローランド・バーダー指揮、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と3回の共演をはじめ、黒岩英臣指揮・桐朋短大オーケストラ、横浜交響楽団等とのコンチェルトも活発に行う傍ら、クラリネット奏者タラス・デムチシンとの共演など、数々の室内楽の演奏会にも出演する。  

  20166月には、新設された久留米シティ・プラザ「ザ・グランドホール」のオープニングシリーズでは、橘 直貴指揮・コンセール エクラタンと共演する。

 

 古典から現代音楽まで幅広いレパートリーを持ち、特にフランス現代作曲家であるデュティユーのピアノソナタは、彼の妻であり初演者でもあるピアニストのジュヌヴィエーヴ・ジョワより高く評価されている。

 (社)九州音楽文化振興会理事、九州国際バッハ音楽コンクール特別部門の審査員も務める。